Merry Moment

About

とは

メリーモーメントは、「幸せでキラキラと輝く瞬間」を残したい、という思いを込めて、2014年にスタートしました。当時は、結婚式やお子さまの記念写真がサービスの中心でした。

その後フォトグラファー自身が出産・育児を経験したことがきっかけとなり、2017年よりニューボーンフォトのサービスを開始。
ニューボーンフォトのセミナーや勉強会に積極的に参加したり、助産師さんからマンツーマンでのアドバイスを受けたりしながら、常に安心・安全な撮影ができるよう勉強し続けています。

大事にしているのは、撮影中の「空気感」。写真にはその場の「空気」がそのまま写ると思っています。
楽しい空気、幸せな空気、愛しい空気…。
それはその場にいる「人」が作り出すもので、フォトグラファーもその一員。
被写体の方々がいい空気を放ってくれるかどうかは、フォトグラファーにかかっているとも言えます。

ご家族の「いい空気」を邪魔せず、逃さず、きちんと残す。
そして写真がご家族にとって一生の宝物になること。
それがメリーモーメントの最大のミッションです。

撮影でお会いしたご家族には、またいつか会いたくなります。
「久しぶり、大きくなったね!」とお子さまの成長を一緒に喜べる、そんな「家族の専属フォトグラファー」になれたら幸いです。

フォトグラファーについて

はじめまして。芝先菜津子と申します。

「しばさき」の漢字は簡単ですが珍しいので、8割くらいの確率で間違われます。(たまに間違われなかったらびっくりする)
呼び名は「芝さん」とか、「芝やん」とか、あとたまに「シバニャン」とか、「バサキさん」とか。(バサキって。。嫌いじゃないですけど)

高校生の頃に写真に興味を持ち、大学生の頃は好きなバンドのライブを夢中で撮る日々を送りました(当時はフィルムカメラでした)。
一度は一般企業に就職したものの、写真が好きすぎてフォトグラファーになりました。

写真のお仕事は2006年から始めました。7年勤めたスタジオでは、お料理やモデルさんの撮影もありましたが、成人式の前撮り、結婚式のスナップ、お子様の七五三などなど…
お客様の喜びの表情に、こちらまで感動することもしばしば。本当にたくさんの素敵な場面に立ち会わせていただきました。
お撮りしたお写真がご家族の宝物になる、このお仕事が大好きでした。

結婚を機に神戸に引っ越し、2014年にMerry Momentをスタートさせました。

ニューボーンフォトを始めたわけ

2015年に長男を出産。
母として写真との関わりを考える中で、初めてニューボーンフォトの大切さに気づきます。

日毎にどんどん成長する息子を目の前にして、「写真に残しておかないとヤバい!」と焦り、でも子育てに奔走しているとなかなか写真に時間を割けない…というジレンマがありました。(一眼レフはそこにあるのに…)

結局、息子のニューボーンフォトは、自分では納得いくものは撮れませんでした。

でもそうやって出産・育児を経験したことで、自分自身が妊婦さんやママさんの気持ちに寄り添えるようなフォトグラファーになれたら…そう思うようになりました。

出産前後は女性にとって大変な時期ですが、撮影の時間は私に任せて、少しでも力を抜いて楽しんでいただけたら、これほど嬉しいことはありません。

一人でも多くの女性に、ニューボーンフォトを体験してほしいと思っています。

芝先菜津子フォトグラファー

略歴:
1980年生まれ。
2006年よりフォトグラファーとしてスタジオにて7年7ヶ月間勤務。ブライダル、マタニティ、七五三、卒業式、成人式などの記念撮影を担当。結婚専門式場、ホテル、レストランなどでのブライダルスナップでは、2014年岡山ウェディング協議会主催の「第1回おかやまウェディングフォトコンテスト」にて、応募作品161点、入賞作品11点のうち自身の作品2作品が入賞。また振袖店での成人式前撮りでは担当店舗が2年連続年間写真売上全国1位になる。2014年より神戸にて独立。現在はニューボーンフォトを中心に出張撮影専門のフォトグラファーとして活動中。

Service

ニューボーンフォトについて

New Born Photo

産まれたての赤ちゃんの可愛さを、
そして家族が増えた喜びを、
しっかりカタチに残します。

マタニティフォトについて

Maternity Photo

命を宿した大きなお腹は、
とっても神秘的。
ニューボーンフォトと見比べると、
感動もひとしおです。

ファミリーヒストリーについて

Family History

何気ない日常も、
特別な記念日も。
家族の歴史を刻むように、
写真を残してみませんか。