Merry Moment

産後の不調の原因は「鉄欠乏」だったのかもしれない

雑記 2017-12-12 2018-09-04

撮影とは全然関係ない話ですが…あまりに衝撃だったので、同じようなの人のお役に立てたらと思って書いてみます。

2年前に長男を出産してからというもの、「めちゃめちゃ疲れやすくなったな〜歳かな…」とずっと思っていたのですが、この本を読んで気づきました。

マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ

タイトルから見ると「うつ」症状に特化した本に見えますが、もっと幅広くて「体と心の不調を食事で改善しよう」という内容。
「どの栄養素が不足すると、どんな不調が起きる、だからこんな食事をしましょう」ということが具体的に書かれているので、自分のことだけでなく家族の食事を作る母親としても、とても勉強になる本でした。

爪が割れやすい、髪の毛が抜けやすい、生理前に不調になる、疲れやすい、軽い運動で動機・息切れがする、冷え性、イライラする…こんな症状がある人は鉄欠乏を疑ってみてください。

びっくりしたんですが、この本によるとですね、「生理のある女性はほぼ鉄欠乏。生理によって体内から大量に鉄が失われ、その回復を待つ間もなく次の生理がやってきます」だそうです。ガーン。

あと、
「妊娠時は胎児に優先的に鉄が運ばれる」

「鉄欠乏があると母体を守るために流産・不妊のリスクも高まる」

とか知らなかったーー!!そんな。。怖い。。

そして出産の出血でも大量に鉄が失われるとのこと。そりゃそうか。。出産の出血って生理の比じゃないですよね。。

私の場合は明らかに「鉄欠乏」の症状でした。そう言えば妊婦健診のときも貧血って言われて鉄剤処方されていたな…。で、妊婦時代の血液検査の結果を引っ張り出してきて照らし合わせてみると、完全に「赤信号」の数値。

そうだったのか・・・!!


(本には血液検査の数値の読み方が書いてあります)
無事に出産できてよかったよ。。

 

もともと体力があるとは言えない私ですが、産後1年くらいは「え、こんなに疲れる?」とドン引きするほどになりました。

ちょっと動いただけで疲れる…例えば、家事は「掃除・洗濯・買い物」のうち、一日に1つしかできない。2つできたらよく頑張った、でも次の日ダウンする、みたいな状態。(子どものお世話と料理はやってました、一応…)

やらなきゃいけないことがあるのに、体が動かない、子どものお世話は気力でなんとかこなしている、という感じで…。
体力をつけようにも運動する元気がないし、どうすりゃいいんだろう…とかずっと思っていました。

ここ最近は子育て自体が楽になったので体力的にだいぶ回復したのですが、それでも出産前と比べるとまだまだ戻っていない感じでした。

でも、この本を読んで鉄を補う食事を心がけるようになってからは、調子が戻ってきた感があります。
立ちくらみもないし、しんどくないし。体が動くって素晴らしいなぁ!(生理前はまだしんどいけど…)

ちなみに、鉄の補給にはレバーを食べたり、サプリを飲んだりしてます。


粒が小さくて飲みやすいです。 DHCのは大きすぎて喉につっかえる。。
効果もわかりやすくて、これ飲み忘れるとてきめんに立ちくらみします。

あとこんなのも使ってます。


こんな商品があるなんて知らなくて目からウロコが落ちました。
お茶沸かす時、やかんに入れるようにしてます。
息子にもこれで鉄分補給させれられるのでお気に入りです。

あとは鉄のフライパンを買おうか悩み中。。